コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

時代に翻弄された美女「お市の方」

Pocket

■時代に翻弄された美女「お市の方」

 お市の方とは、有名な織田信長の姉です。そして、戦国時代の中でも、非常な美人として有名でした。
 このお市の方ほど、戦国時代の乱世に翻弄された人生を生きた女性はいないでしょう。
 この時代、大名などの女性の家族は、その大名の力を伸ばすための結婚をさせられることがありました。いわゆる政略結婚です。
 お市の方も例外ではなく、近江(今の滋賀県)の浅井(あざい)家と、織田家のつながりを強めるための結婚をさせられます。
 夫となった浅井長政は、美男子で有名で、美男美女の結婚は、現在だったらうらやましいところです。しかし、時代は戦国乱世、そのような幸せは続きませんでした。
 勢力を強める信長に危機感を持った朝倉家は、旧来からの同盟関係にあった浅井家を誘って信長を襲います。
 政略結婚によって浅井家とはつながっていると思っていた信長は、ひとたびは敗れますが、その後盛り返し、浅井・朝倉両家を滅ぼしました。その際、信長は長政の頭蓋骨を金箔で覆い、杯として酒を飲んだと言われています。それほどまでに、恨みは深かったのでしょう。
 浅井家が滅びることで織田家に戻ってきたお市の方ですが、彼女の波乱の人生はそれだけでは終わりませんでした。
 信長の死後、有力な家臣であった柴田勝家と結婚をすることとなり、勝家が織田家から離れないようにします。ところが、その柴田勝家が、勢力を増してきた豊臣秀吉と対立し、ついに賤ヶ岳の戦いで敗れると、そのあとを追って、お市の方も自殺したのでした。
 まさに、時代や人々の思惑に翻弄された人生でしたが、彼女の娘たちがその後、豊臣秀吉や、徳川家に嫁ぐこととなりました。徳川家三代将軍の家光は彼女の孫に当たりますし、また天皇家と持ちのつながりを持ちました。
 彼女自身が意図したかはともかく、時代にほんろうされた分だけ、その後の時代に大きな影響を与えた女性だったと言えるでしょう。
 ちなみに、あの豊臣秀吉も、お市の方に恋をしていた、と言われますが、どうやらこれはフィクションのようです。